サッカーキング・アカデミー

サッカービジネスの
プロを目指す

0120-840-506

受付10:00~18:00(土日祝除く)

News & Column

ニュース・コラム

  • コラム

【スペイン語短期留学バルセロナ滞在記】2カ月間の滞在、頭で考えなくてもスペイン語が出てくるようになった!

campnou

文・写真=Aya(サッカーキング・アカデミー スペイン語講座受講生)

 皆さんこんにちは。

 私は『サッカーキング・アカデミー』の短期スペイン語講座に参加していました。そして今、4月中旬から2カ月間の日程で、スペインのバルセロナに短期留学に来ています。

 私はサッカーが好きなこともあり、4年前にスペインを旅行しました。その時に「スペインにもっと長く滞在したい」と思い、それを夢見てきました。そして『サッカーキング・アカデミー』のスペイン語講座と出会い、夢の実現に向けて少しずつ前進し、マドリッドへのチャンピオンズリーグ観戦旅行が直接のきっかけになって、2カ月間の語学留学を実現させたのです。

cornellastadium

 語学学校での授業は、当然のことながらほぼスペイン語で行われます。文法用語の説明ももちろんスペイン語で、補足する時に少し英語が使われるぐらいなので、授業についていくのも大変です。

 それでも、留学先で勉強したおかげで、初対面の相手から投げかけられる「日本ではどこに住んでいるの?」、「どれくらいここに滞在するの?」、「仕事は何をしているの?」といった質問は聞き取って理解することができましたし、返答にかかる時間も少しずつ短くなっています。頭で考えなくても言葉が先に出てくる、という感覚が増えてきて、その時はすごく気持ちがいいですし、達成感があります。

sagradafamilia

 また、『サッカーキング・アカデミー』の短期講座で必要最低限の単語や数字を学んでいたおかげで、買い物や交通機関を利用しての移動、自分の要望を言うことなどについては、あまり戸惑うことなくこなせています。

 元々、私は石橋を叩いて渡る性格なので、「文法や動詞の活用に気を付けて、正しいスペイン語を話さなければ」と無意識のうちに考えてしまい、会話することに慎重になる傾向がありました。

sagradaamilia

 留学開始から1カ月が経った今、とりあえず口に出してみることを目標にしたおかげで、少しずつコミュニケーションの幅が広がってきたような気がしています。

 語学の学習以外にも、滞在中にはいろいろな場所に観光に出かけ、見聞を広めています。

 バルセロナの本拠地カンプ・ノウへはホームステイ先から20分ほどで行けますし、西澤明訓さんや中村俊輔さんが所属していたエスパニョールのホームスタジアムにも電車で20分ほどかけて行きました。サグラダ・ファミリアのような世界的観光名所にも日常的に触れることができますし、本当に夢のような時間を過ごしています。

sevilla

 今はバルセロナを離れ、アンダルシア地方にあるセビージャという街に来ています。旅行する上では単語やフレーズも限られるので、あまり不安を抱くこともありません。セビージャの人たちは親切でゆったりしている印象があり、とても楽しい滞在となっています。

 あと1カ月間、スペイン語の勉強が続きます。言葉はもちろん、スペインの文化にもたくさん触れて、いろいろな経験をしたいと思っています。そして帰国後にもう一度、文法理解を深め、また近いうちにスペインを訪れたいですね。

サッカービジネスのプロを目指す

お気軽にお問い合わせください!

0120-840-506

受付10:00~18:00(土日祝除く)